社会貢献

2013年02月25日

大阪の社会問題解決プロジェクト Tomorrow for Japan 

先週、大阪からNPO法人Deep Peopleの牧さん、中尾さんがオフィスに遊びに来てくれました。
 
お二人には、初年度のカナエールで、たいへんお世話になりました。
似たもの同士で、こだわりも思いも強い牧さんと私は、よくぶつかってました。
その間を中尾さんとゆってぃが仲裁してくれるような関係。笑

さて、カナエール後、牧さんはまた面白いことを始めていました。

社会問題を解決する商品を開発するプロジェクトです。

牧さんは、もともとデザイナーで、デザインが得意。
その後、デザインで社会問題を解決しようと障がい者の支援などもされています。

そこからさらに進化していったのが、T4J。

「社会問題を解決したい!」という人たちを集め、アドバイスやサポートをしながら実践を通して、人も、コンセプトも、商品も、まとめて育ててしまうような仕組みができちゃったんですね。

・どういう問題があるのか。
・その問題解決に取り組むは、どんな人か。
・問題解決の鍵を握るのは、どんな商品なのか。
・その商品は、どうやって作られるのか。
・その商品は、どうやって売られるのか。

どの場面にも、ストーリーがあって、魅力的です。
それをT4Jは、全部サポートしちゃうんです。

本当に、牧さんはすごいアイディアマンです~!

しかも、ジャパネットたかたに負けない、大阪弁での営業トーク!

「これ、一本全部みかんでできてるんやで。全部よ、全部!」
…つまり、果汁100%のみかんジュースってことでしょ?
でも不思議と、おいしそうに聞こえてしまうのです。笑


そのT4Jの商品の中で、個人的に一番関心を持ったのが、「布ナプキン」。月経用の。
(この商品解説は、牧さん(男性)から中尾さん(女性)にバトンタッチ。^^)

月経用の紙ナプキンがなかった時代、遠い昔の女性たちは一体どうしていたのか。疑問に思っていました。

その答え。なんと!昔の女性は、経血が出るのをコントロールしていた、というのです。
おしっこやうんちと同じく、「あ、出そう」と思ったら、トイレに行って、出す。

吸収力抜群の使い捨て紙ナプキンが進化するにつれ、人間の身体が退化していったという事実に衝撃を受けました。

布ナプキンは、そんな人間本来の力を取り戻すだけでなく、化学物質を含まないため、子宮等のトラブルが減るそうな。中には、不妊症で悩んでいた方が布ナプキンを使い始めてすぐに妊娠した、ということもあったそうです。

しかも! 洗って繰り返し使え、ゴミが減るため、エコ!
さらに! その制作は、障がい者の雇用促進になる!

興味のある方、ぜひ見てみてください。
Ri+fu


drecom_bridge4smile at 12:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年01月16日

理想的な物品寄付とは?

前回、私が把握している施設側の事情をご説明しましたが、続いて私が考える、施設に喜ばれるだろう物品支援の方法について、ご紹介したいと思います。

===========================================================
●サンタプロジェクト
===========================================================

すでに、いくつかの会社で行われている、クリスマスのプレゼント提供です。

・例えば予算を「5000円」と決めて、施設の子どもたちからクリスマスプレゼントの希望を聞きます。
・会社は、それを受けて、社員から提供者を募ります。
・提供することになった社員は、自分の担当する子どもの希望を叶えるべく、プレゼントを購入し、メッセージを添えて施設に提供します。
・施設で行われるクリスマスパーティに、サンタの格好をした社員が訪問し、プレゼントを渡すこともあります。

このプログラムは、継続されればなお嬉しいです。
継続いただけると、寄付する人も子どもの成長を追うことができるような関係になります。
また、施設は、年間の予算計画を立てやすくなり、他の事にお金を回すことができるようになります。


===========================================================
●ネット仲介システム
===========================================================

インターネットで、寄付の申し出ができ、福祉施設の人は欲しいものを選べる仕組みがあればいいなと思います。

・寄付をしたい人は、画像や商品情報をインターネットサイトにアップします。
・欲しいものがある施設は、掲載された中から、選びます。
・反対に、欲しいものがある施設は、「ください!」をサイトへ投稿します。
・何かを提供したい、と思う人は、そこから選んでプレゼントができます。


こうすれば、マッチングして初めてモノが提供されますので、無駄がありません。

児童養護施設を始め福祉施設の方が、必要な時に、必要な品物を入手することができます。

さらに理想を言えば、配送を宅配便業者が、無料、もしくは格安で請け負ってくださるといいのですけど。

なお、物品の仲介は、「善意銀行」という公共の仕組みがありますが、あまり積極的に活用されていないようです。

また、ブリッジフォースマイルには、高校3年生向け「巣立ちプロジェクト」というセミナープログラムの参加者を対象に、生活必需品の寄付仲介を行っていますが、マッチングの手間や、送料の自己負担、マッチングの時期は2-3月のみ、という課題を抱え、上手く回っていません。


===========================================================
●リサイクル業者の協力による家電や家具の仲介システム
===========================================================

18歳で、一人暮らしを始める子どもたちに必要となる、生活家電、家具などの生活必需品を、中古品を扱うリサイクル業者のご協力で提供できればいいなと思います。

・寄付をしたい人は、その物を店舗に届ける、もしくは家に査定&引き取りに来てもらう。
・買取金は受け取らない
・集まった物品の買取相当額のバウチャーを発行し、寄付提供を希望する施設に分配する。
・バウチャーの分配を受けた福祉施設は、直接店舗に出向き、欲しいものを選び受け取る

実現したら、すごくいいと思うのですが、実は、リサイクル業者さんにご相談したところ、なかなか採算の取れる持続可能な事業にはなりにくい、ということでした。
例えば、査定で0円または小額(買い取り価値がない)ということも、十分想定されるからです。

可能性を模索していますが、現在、実現には至っていません。


===========================================================

このように見ていくと、重要なポイントとして、「受け手が欲しいものを欲しいタイミングで選ぶことができる」というのが、キーになるのではないかと思っています。

寄付をする側も、受ける側もHAPPYになれる仕組みは、必ず創意工夫によって作ることができるだろうと思っています。



drecom_bridge4smile at 22:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年01月15日

児童養護施設への寄付について


ものすごく久しぶりのブログ更新になります。

タイガーマスクさんのおかげで、今、こんなに児童養護施設が注目されています。
啓発運動として、厚生労働省が推進している児童虐待防止のオレンジリボン運動は、なかなか広がらないのに、ブームっていうのはものすごい影響力を持つのだな、と実感しました。


さて、児童養護施設の子どもたちを支援する団体の代表として、遅ればせながら、発言いたします。

児童養護の世界には、大きく2つのギャップがあります。

==============
■支援をしたい社会(一般企業や個人)と、支援を受けたい施設との間のギャップ
■児童養護施設間のギャップ
==============

この2つのギャップは、支援をするに当たって抑えておくべき、とても大切な要素になります。
まさに、ブリッジフォースマイルの設立の動機です。

私は、7年前、偶然的に児童養護施設の支援ニーズを調査する機会を得ました。
児童養護施設に継続的な支援をしたい外資系企業に、支援についての提案書を書くのが私のミッションでした。

私は、児童養護施設を「孤児院」と理解をして、調査を開始しました。
(実際には、「孤児(親のいない子)」は、1割もいなかったのですが。)

寄付に関するアンケートを取ったり、実際に大量の新品のぬいぐるみの提供を申し出たり、施設とやりとりを進めたのですが、施設側のあまりにも冷たい対応に戸惑いました。

支援をしたい、と申し出ているのに、なんでこんなに冷たい対応をされるのだろうかと、思いました。

あるアンケートの回答に、気になるコメントがありました。

「子どもたちに、いかにモノの大切さを教えるかに苦心しています」

施設を訪問し、インタビューをする中でわかったのは、

「すでに十分な支援を受けている施設とそうでない施設があること」でした。

さらに紐解いていくと、支援を受けていない施設には、事情がありました。

================
●支援を受ける余力がないこと

具体的には、
・寄付やボランティアの質は、玉石混合でより分けるのが大変
・慢性的な人員不足で、受付の負担が大きい
・保管する場所が十分にない
================

インタビューをする中で、初めて施設側の事情を知りました。

・子どもはお揃いの服や靴を身に着けたがらない
・性別、年齢、サイズや好みがあるのでもらっても十分に活用できない
・古本は、同じような子ども向けの本がすでにある
・クリスマスには、腐らせてしまうほど、ケーキが届く
・たまに会う親が、モノを買い与えることで、子どもを喜ばせようとする


さらに、こんな本音も聞けました。

・子どもたちは、招待行事(スポーツイベントや観劇など)の数が多いので
 慣れてしまって、マイナーなものや、二軍のスポーツチームだと感謝の
 気持ちも持てない
・お礼状や子どもの写真など、感謝を期待されるのが気が重い
・ゴミとして処分すべきようなものまで、「まだ使えるから」と持ってこられる
・必要ないと断ろうものなら、怒り出す人もいる


では、欲しいのはなにか、という問いには、圧倒的に「お金」でした。

・建物修繕費
・子どもの習い事や部活にかかるお金
・施設退所後に大学等へ進学するための奨学金
・施設長が個人として保証人となった、アパートの延滞金の支払い

私には、衝撃の事実ばかりでした。

施設間格差が広がることで問題なのは、

同じ公的資金で保護される子どもたちなのに、入る施設によって受けられるサポート内容が異なってくる、ということです。

子どもたちは、施設を選べません。

どの子どもたちをも笑顔にしたいなら、施設がそして社会が変わるしかありません。
私たち、ブリッジフォースマイルは、そんな思いで仕組みづくりに取り組んでいます。
6年活動をしていますが、上手く行っている仕組みもあれば、行ってない場合もあり、まだまだ試行錯誤を続けています。


児童養護施設の子どもたちに支援をしたいと思う方は、まず相手の事情を知ってください。
それから、どうしたら相手が喜ぶのか、よく考えてみてください。

せっかくの善意、おもいやりが、適切に相手に届けられるよう、一緒に知恵を絞りましょう!
そして、どんな環境で生まれ育っても、子どもたちが笑顔でいられる社会に変えていきましょう!

 



drecom_bridge4smile at 09:36|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2008年12月04日

チャレンジ精神

恵まれない環境にある人が、その逆境をバネにして成功するサクセスストーリーは、多くの人の心を揺さぶります。

かくいう私も、そんなチャレンジ精神は、大好きです。

ところが、恵まれた環境にある人が、恵まれない環境にある人に対して「チャレンジ精神を期待したい」と言うのを聞くと、大きな違和感を覚えます。


たまたま恵まれた環境に生まれただけであって、特別たいへんな努力をしなくても現在の地位や生活を手にしている人は、世の中にたくさんいると思うのです。

そういう人は、たまたま環境に恵まれたということに感謝をして、楽をした分、困っている人を支援して社会にお返しするのが自然だと私は思うのです。

そんな意識もなく豊かな生活を享受しながら、「チャレンジ精神を期待したい」という感性の人が、会社のお偉い方々に意外に多いことに、がっかりします。


寄付をすること、ボランティアをすることが、余裕のある人にとっては当然のことになる社会が来ればいいなあと心から思います。

at 06:29|PermalinkComments(0)

2008年12月02日

まちかどのフィランソロピスト

昨日、日本フィランソロピー協会が主催する「まちかどのフィランソロピスト賞」の授賞式に出席してきました。

これは、社会的な課題解決に対して、寄付をした人を表彰するものです。

「まちかどの」という言葉からも推察されるとおり、大金持ちが寄付をするのではなく、できる範囲で寄付や募金をすることで社会を変えていこうとしている人をフォーカスしています。

今年の受賞者は、4名。

競馬騎手になってから自分のいた児童養護施設に毎年寄付を続けている今野忠成さん。

アフリカのマラリア対策のために、蚊帳を送る活動をする寝具販売店の三島治さん。

盗塁数に応じて、車椅子を寄贈する活動を続ける阪神タイガースの赤星憲広さん。

重度の身体障害を持ちながら、使わなくなった子ども用の車椅子をインドネシアに贈り続ける大学4年生の戸津亜里紗さん。


赤星さんを除く3名が表彰式に参列し、それぞれの思いを語りました。


私が一番印象に残ったのは、三島治さんの寄付に至るまでのエピソード。

「布団屋の自分が生きるために、社会から必要とされるにはどうしたらいいだろうかと一生懸命考えた。眠りの勉強をした。」

⇒「不眠で困っている人の役に立てるように、インターネット『安眠ドットコム』で情報発信を始めたら、ポツリポツリと布団が売れた。」

⇒「『蚊帳はないですか?』というアトピーの子を持つ親からの問い合わせに対応して、化学物質を使わない蚊帳を売り始めたらポツリポツリと売れた。」

⇒「『助産師としてカメルーンに行くのだが、マラリアから身を守るために蚊帳がほしい』という人からの問い合わせに対して、蚊帳のニーズを確信。アフリカへの蚊帳の寄付を続けている。」


自分のために、人のために、一生懸命知恵を絞る。行動する。そこから、打開策が生まれ、自然と道は開かれていく。

私が今のNPOを始めたきっかけと重なるところがあって、深く共感しました。

at 06:45|PermalinkComments(1)
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント