2016年01月03日

2015振り返りと、2016抱負!

あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、2015年の振り返りと2016年の抱負を。 

昨年は、NPO代表が国外に居住する、というチャレンジングな1年でした。

多くの方にご心配とご迷惑をおかけしましたが、振り返ってみれば、大きな問題もなく、かえって、組織としては大きな飛躍を遂げることができたのではないかと感じています。

特に組織運営に関わる大きな成果として、以下の3つが挙げられます。

●就業規則と給与制度

設立11年目にして、ようやく作成した就業規則。
ボランティア経験のあるスタッフと有給職員として採用されたスタッフとの間で、仕事に対する意識の違いが問題になりつつありました。
給与も経験や役割に関わらず、フラットでした。

就業規則と給与制度を明確にしたことで、業務量や責任度合で、納得感のある働き方ができるようになりました。
合わせて導入した勤怠システムにより、勤怠管理もできるようになりました。

有給休暇、社会保険、健康診断なども整え、NPOと言えども、一般企業と比べて恥ずかしくない勤務制度を整えることができました。


●権限移譲と決定プロセスの整理。

いままで最後は代表が決める、というワンマン経営をしていましたが、海外転居を機に大幅な権限移譲を行いました。
とはいえ、なんでも担当者が自由に決定しては困るので、内容に応じて意見を吸い上げる場、決定する役職者や会議体を整理しました。

これまで「なんとなく」私の中にあった判断基準を明確にしていく作業もたいへんでした。
ネット電話を通じて参加している定例MTGでも、最初の頃こそ、認識の違いからギクシャクする場面もありました。
私も任せた以上は口を出してはいけない、という思いが先行し、ストレスを溜めてしまうこともありました。

いまは、メンバー一人一人が自分の意見はしっかり主張しつつも、最後は決定すべき人/会議体がした決定に従うという、上手な意思決定がされるようになってきました。


●全員プロジェクトリーダー制、複数プロジェクト担当制

「リーダーとして、計画や目標を立てる、業務を遂行する、トラブルを解決する、という経験が、主体性や責任感を育てる」という仮説の下、スタッフ全員がリーダーをするべきと考え、導入しました。幸い、B4Sには大小合わせて20種位のプロジェクト(仕事)があります。その人の経験や適性を見ながら、担当するプロジェクトを決めていきます。

また、1つの仕事は必ず2人以上で担当します。1人2つ以上のプロジェクトに参加することになります。
これは、主にリスクヘッジ(病気や離職などでも業務が滞らないようにする)のためと、異なるプロジェクトに参加することで異なる業務や特性を経験するため、より多くのスタッフと関わりが持てるようにするためです。

一つの業務に集中させてほしい、業務のピークが被ると対応できない、という反対意見もあり、実際たいへんそうな場面もありましたが、全体でみれば、メリットの方がずっと大きく、上手く行っていると感じています。


1年前は、私自身もこれからどうなってしまうかと不安がありました。が、まさにピンチはチャンス、でした。
私でなくちゃできないことは、本当に少ないということもわかりました。組織は確実に強くなりました。

おかげでシンガポール移住の最大の動機であり、目標であった「自分の家庭再統合」の方も順調です。
家族そろって朝食、夕食を食べる時間が増え、テレビが無くても会話が続くようになりました。
夫婦で子どもの教育について話す時間も格段に増えました。
娘、息子と人間関係の悩みや将来の仕事についてなど、話すテーマも広がってきました。

本当に価値のある1年を過ごさせてもらいました。

次に、今年の抱負です。
華はないですが、今年も大切なこと一つずつとちゃんと向き合うこと、です。

自立支援、広報啓発、人材育成それぞれで、進行している取り組みがあります。それぞれについては年度の事業計画等でとりまとめるとして、個人的には、組織運営に関わる以下の3つを形にしたいと思っています。

●ニコニコプロジェクト
ボランティアマネジメント、つまり「サポーターがニコニコして(安心し、やりがいをもって)活動できる体制作り」です。ボランティア登録数は300人を超え、新しい体制が必要になっています。昨年より検討を重ねてきましたが、いよいよ今年は試行を始めます。

●調査研究
8年続けてきている全国調査では、施設や子どもたちの実情を社会に発信していく、という目的はこれまで通り実施していきますが、合わせてなかなか実現できなかった、活動の成果評価を形にしていきたいです。

●KPIの設定、運用
上記2つにも関わってきますが、活動の達成度をどういう指標をもって計っていくかが、かねてからの課題でした。
自立支援というものの複雑さに加え、3年前にセールスフォースを導入するまでは、活動管理さえできなかった状態でした。準備が十分整いつつある今年こそ、KPIの設定、運用を始めたいです。


時間に余裕ができた今だからこそ、緊急性が低いために後回しになっていた重要なことに向き合えればと思っています。
代表日本不在で、何かとご不便をお掛けするかと思いますが、今年もどうぞよろしくお願いします。


drecom_bridge4smile at 17:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント