2015年07月30日

英会話学校に通い始めました!

カナエールが終わり、子どもたちも学校生活に馴染んできたので、私もそろそろ自分の時間をちゃんと楽しまないと、と思って、7月から英会話学校に通い始めました。

そこは、事務担当に日本人がいるものの、日本人だけを対象にしてわけではないので、いろんな国の生徒がいます。
私のクラスには、中国人、インドネシア人、モンゴル人がいます。

毎回、いろんなテーマが用意され、それに関わる単語、表現、文法を学びつつ、会話を進めていきます。

例えば、ある日は「歳を取ること」について。

「何歳まで生きたい?」
「高齢者からイメージする言葉は?」
「高齢者って、何歳以上のイメージ?」
「歳をとってから後悔することは何?」

いままで日常生活でこんなに、自分の考えを訊かれることって、あったっけ?
英語を話す以上に、自分の考えをまとめることの方に時間がかかっているような気がします。

イギリス人女性のニコラ先生は、生徒がどんな発言をしても「Excellent」「lovely」「Amaging」「interesting」など、様々なポジティブな言葉で受け止めてくれます。

正解でなくていい。何を言ってもいい。あなたの考えだから。そう言われているような、安心感があります。
なので、授業がとてもリラックスできて、楽しい。 
 
イギリスでは学校での授業も、きっとそんな感じなんでしょうね。
日本の学校では、「考え」ではなく、正解のある「答え」を訊かれていたように思います。
「答え」を間違えた時の恥ずかしいことと言ったら!
間違えると恥ずかしいから、絶対の自信がないと、なかなか手を挙げられない。発言できなくなってしまう感じ。

英語も、日本人は正しい文法を気にしすぎて、しゃべれなくなってしまっている気がします。
シンガポールでは、とてもテキトーな英語で、最悪単語だけでも通じます。
お互い第二外国語っていう所も、プレッシャーが少なくて良いのかもしれません。
もちろん、授業ではちゃんと文法のおかしなところも指摘してもらいますけど、授業中は基本的に自由に話をさせて、授業の最後に生徒みんなの間違いをひとまとめにしてみんなで正しい文法を確認していきます。
そんなところも、ニコラ先生は素敵です。

もう一つ、私が授業でおもしろい!と感じているのは、「What do you think?」と「Why?」という訊き方です。

自分の考えと、その根拠は、必ずセットになっています。
根拠には、自分が育った背景や文化、個人の価値観等も多分に入ってくるので、違う国の人がいると違いがどんどんわかって、とってもオモシロイ!
 
そして、私は日本人なんだ、としみじみ思います。

ちなみに、意見を訊く時には、「How do you think?」ではなく、「What do you think?」が正しい訊き方だって、知ってましたか?
同じく、あなたはどうなの?と訊き返すときも、「How about you?」ではなく、「What about you?」が正しいって。

ニコラ先生によると、多くの日本人が「HOW」を使うそうです。
だって、英語の授業でそう習いませんでした?

日本っぽいな、と個人的に納得しましたけど。^^
日本語でも意見を聞くときは普通、「どう思う?」 って訊きますものね。

IMG_2930
 


drecom_bridge4smile at 19:08│Comments(0)TrackBack(0)シンガポール生活 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント