2015年06月09日

『明日の子供たち』を読んで

昨年8月に幻冬舎より出版された有川浩さんの著書で、児童養護施設をテーマにした『明日の子供たち』。

B4S内でも話題になっていたのは知っていたのですが、なかなか時間がとれずにいました。
日本人会館の図書室にあったのを借りてきて、一気に読みました!

とにかく、嬉しかったです。

◆嬉しかったこと。(その1)

読んでいて、あまりにリアルでびっくりしました。何一つ違和感ありませんでした。

ごくごく自然な日常の中での出来事や登場人物の細やかな心理描写が、なかなか理解されにくい子どもたちの感情、支援における難しさ、職員達の苦悩をとても鮮明に表現していました。

この本のおかげで、施設のこと、子どもたちのことを理解してもらうのが、とても楽になります。
外部にいる私ですらこんなに嬉しいのですから、職員も、子どもたちも、きっと本当に喜んでいるだろうな~と思い、また嬉しくなりました。


◆嬉しかったこと。(その2)

この本のきっかけになったのは、どうも兵庫にある児童養護施設の高校生が書いた手紙だったようなのです。

文中、施設で生活する高校生カナは、次のような手紙を人気作家に送っています。
===
(前略)…先生に児童養護施設をテーマに本を書いてほしいんです。先生の書かれる本の影響力はすごいです。
先生が本を出すと、たくさんの人が先生の本を読みます。もし先生が児童養護施設をテーマに本を書いたら、
今までの施設のイメージが変わると思います。
いつも施設に対するイメージのせいで辛い思いをする子がたくさんいます。
世間の勝手なイメージのせいで、これ以上傷つくのは嫌なんです。私たちは何も悪くないのに。…

(中略)…私たちはあと1年で施設を出ますが、他にも施設の子がたくさんいます。
…私たちはもうすぐ退所してしまいますが、私たちより小さい子にこれ以上つらい思いをしてほしくないんです。…
===

施設に関する正しい情報が少ないために、施設の子どもたちは「かわいそう」等の偏見を持たれがちです。
でも、偏見を変えていくのは本当に難しいことです。

一人の高校生の行動が、こうして社会に大きな影響を与えていくって、嬉しすぎるじゃないですか!
笹谷美咲さん、ありがとうございます!


◆嬉しかったこと。(その3)

コレ、私たちのことじゃん!っていう行があります。

『明日ママがいない』を『ママがいなくなった』というタイトルのドラマにして、功罪を論じる場面。
===
「でも、東京じゃドラマが終了してからさっそく『ママがいなくなったを超えて』とか銘打ってシンポジウムをやったらしいよ。一般参加者の数が新記録を達成して大盛況だったって。」
「たくましいですね!」
===

思い起こせば、幻冬舎の方、会場にいらしてました。^^
取り上げていただき、ありがとうございます♪


◆嬉しかったこと。(その4)

参考文献に私の編著『巣立ちのための60のヒント』(明石書店)も掲載いただいて、ありがとうございます♪


◆嬉しかったこと。(その5)

私たちブリッジフォースマイルが行っている活動の意義を、ちゃんと言葉にしてもらったようで、とっても嬉しい!

まず、施設の子どもたちの進学の問題が、ど真ん中に据えられています。
子どもたちにとって、職員にとって、進学がどれだけ難しい選択か、奨学金がどれだけ重要か、描かれています。

また、施設入所者、退所者たちの居場所の話も出てきます。
一般の人に理解してもらいにくい支援を「リラックスできる場所」として、必要性を訴えています。
子どもたちへの支援を、「未来への投資」とはっきりとメッセージを発しています。 


…と、いろいろ嬉しくて、一人喜んでいる次第です。^^
ぜひ、多くの人に読んでいただきたい本です。

そして、次は、この小説がドラマになるといいな~と思います。
脚本は中園ミホさんがいいなあ~。

日テレさん、ぜひ『明日ママがいない』の汚名挽回を!!

IMG_2893
 


drecom_bridge4smile at 20:05│Comments(1)TrackBack(0)児童養護 | 書籍紹介

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 日月   2015年11月12日 14:35
はじめまして。「明日の子供たち」の感想ブログを探して、このブログにたどりつきました。

私は、「明日の子供たち」を読むまで、児童養護施設といえば、「あしながおじさん」くらいしか思いうかびませんでした。

今回、この本を読んで、児童養護施設やアフターケアのことを知りたい、と思うようになりました。

B4Sのホームページも読んでみます。そして、何かできることがあるよなら、少しずつですが、協力させていただきたいと思います。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント