2015年04月21日

専業主婦生活 in Singapore

シンガポールにきて、初めてのブログ更新です。

毎日、こんな生活を送っています。

5:00 起床&シャワー&英語の勉強(CNNニュース)
6:00 お弁当と朝食作り。
6:30 朝食&片付け
7:10 子どもたち送り出し (スクールバスで日本人中学校へ)&家事
8:00 ダンナ送り出し&家事
9:00 フリータイム♪ (仕事&英語の勉強など)
16:30 子どもたち帰宅
17:00 夕食作り (長女の塾がないときは18:00~)
17:30 夕食&片付け
18:20 長女、塾送り出し
19:30 ダンナ帰宅
22:00 長女帰宅
22:30 就寝 

はい。ザ★専業主婦でゴザイマス!! 
毎日、掃除、洗濯、料理などの家事が生活の中心です。
おかげで家中ピカピカ♪

中でも一番チカラを入れているのは料理。
朝晩に加えて、3人分のお弁当(ダンナの分も!)。

いままでは、栄養バランスの取れたおいしい給食があったし、生協の冷凍食品は冷凍庫に常備してあったし。
毎日ちゃんと作らなくても、全然問題なかったんだけど。

いまは、毎日のようにクックパッドをめくってます。(ホント、頼りになります。)

日本の食材もたいていのものはありますが高価なので、なるべく現地の食材を使うようにしてます。
(現地と言っても、ほとんどがマレーシアやタイ、アメリカやオーストラリアなどからの輸入品ですが。^^)

でも、マヨネーズやソースなどは、ちょっとずつ味が違いますね。
酸味が強かったり。独特のスパイスが効いてたり。
やっぱり食べなれているキユーピーやブルドックが美味しいです。

日本では、いつも家族が寝ている頃に帰ってきたダンナも、今は、たいてい家で夕飯を食べるようになりました。

食卓の話題は、学校での友達や先生のこと、街で見かけた小さな発見など、なんでもない話ばかりですが、劇的に家族の会話が増えてて「家族再統合」をテーマにしている私としては、大満足です。

それにしても、子どもたちの学校が始まってからは、フリータイム(9:00-17:00)が長い!
思った以上に、仕事ができちゃいます。
メールはもちろん、チャットもネット通話も何ら問題ありません。

でも、だんだん私への仕事の依頼、相談事が減って来ています。寂しい…。
もちろん、良い事! 
スタッフがしっかり仕事している訳ですから。みんな、本当にありがとう!

さて。
時間に余裕ができたからこそ、できるインプット、アウトプットがあると思います。 
このブログも、全力疾走していた時には書けなかったこと、気付かなかったこと、学べなかったことなど、それからもちろん、シンガポールでの生活、発見も、徒然なるままに、書いていこうと思います。 

 IMG_2776 IMG_2810



drecom_bridge4smile at 13:13│Comments(2)TrackBack(0)シンガポール生活 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 江本真名美   2015年05月02日 14:05
こんにちは。去年のカナエールのスピーチを聞きに行き、以来継続サポーターをしている3児の母です。私は親が教育費を出してくれたおかげでなんの不自由もなく大学まで行きましたが、そうでない子たちがいることは不公平ではないかという強い思いがあったので、こうした有意義なNPOを立ち上げ運営してくださっている林さんには本当に感謝しています。ご著書「できるかも」も読みましたが本当に良い本でした!この取り組みがもっと広がって、両親のサポートがなくても勉強を続けたい子供たちがもっと増えることを願っています。
私は中学生の時に父の仕事でシンガポールに住み、多感な時期を過ごしました。日本人中学校に通いました。塾にも通っていました。なつかしいです。かれこれ25年近く前のことです。林さんがシンガポールに移住されるとブログで読んだときには、家族か仕事を取らなければならないなんて、おかしいじゃないかと一人で憤慨していました。家族の理解があれば、単身赴任でいいじゃないかと。でも、シンガポールに行くという選択が林さんの希望であるならば、話は別かもしれないと、落ち着いたら考えられるようになってきました。公私ともに応援しています。そして素晴らしい活動を本当にありがとうございます!これからも、林さんの視点からの発信、楽しみにしています。
2. Posted by eriho   2015年06月15日 19:27
コメントいただいていたのに、お返事遅くなってすみません!いつもスパムばかりなので、全然見てませんでした。
いつもカナエールを応援してくださって、ありがとうございます!拙著「できるかも」まで読んでくださったなんて。嬉しいです。
シンガポール移住の件では、がっかりさせてしまったこと、申し訳なく思います。きっと多くの方の期待を裏切ったと思います。でも、江本さんにはご理解いただき、嬉しく思います。
離れててもできること、手放すからできること、離れるから見えることがあります。今は、大きな道草をくっている状態ですが、まだまだ長く続く人生、シンガポールでの生活がこれからどうつながっていくか、わかりません。
引き続き、B4Sともども、よろしくお願いします!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント